アニマルコミュニケーションとは

アニマルコミュニケーションとは

アニマルコミュニケーションとは、ペットの意識へ自身のチャンネルをあわせて、メッセージを受け取る。というものです。ペットの意識へ直接アクセスすることで、ペットがどういうふうに感じているかを読み取ることができ、コミュニケーションを深めることができます。

アニマルコミュニケーションとは

ペットの役割の移り変わり

ペットは太古の昔から人間と共同生活をし、特に犬は、狩猟時に大きな役割を果たす上でもお互いが無くなてはならない存在でした。その他、ネズミを駆除してくれる、ネコやイタチなども飼われ、“もちつもたれつ”の関係が長く続いてきました。しかし、近年、狩猟に出る人口は激減し(当たり前かもしれませんが…)、今、このサイトを見られている方も「狩りなんてしたことがない(今後もしないだろう…)」という方がほとんどだと思われます。

経済、科学、技術が目覚ましい発展をとげ、生きていく上で必要なものは“紙幣”へと“さまがわり”しました。その結果、いままで共同生活をしていた、犬やネコの仕事は無くなり、実用的な存在から、癒しやなごみの存在へと、人間へ対するその役目が変わってしまいました。

野良猫、野良犬を目にされた事はございませんか?癒しや、なごみを与えてくれるペットがなぜ、放置されているのでしょう…それは、人間の都合によって、そうなってしまっています。この“人間の都合”がペットに対してストレスを生ませてしまっています。

ペットの役割の移り変わり

ペットの立場にたった考え方

私たち人間同士は、「相手の立場にたった考え方」をすることにより人間関係をうまくコントロールすることができます。ペットと飼い主の関係も私たち人間同士の関係と全く同じであると考えております。

飼い主は色々な思いでペットを飼い、日本では、ペットと暮らす人口が年々増加しております。人口が増えたことも背景にあり、様々な問題が発生していることも事実です。

経済的な理由なのか、感情的な理由なのかはわかりませんが、捨てられたペットや虐待されたペットなどが、時々、メディアをにぎわしています。

本当はかわいがり、おもいやり、癒してもらうはずのペットが、逆にストレスに感じてしまったり、憎く思えてしまったり…

私たち人間は、“言葉”という手段を用いて、はっきりとした意思表示をしますが、ペットには“言葉”がありません。もしかしたら、私たちはペットへ求めることが求めすぎなのかもしれません。

  • ペットの立場にたった考え方
  • ペットの立場にたった考え方
  • ペットの立場にたった考え方
  • ペットの立場にたった考え方
  • ペットの立場にたった考え方
  • ペットの立場にたった考え方

癒される。から癒す。飼い主としてでは無く、ペットの立場として考え方を転換することで、ペットと飼い主の関係は、より良い方向へむかうものと思われます。ペットがどのような考えをしているか、ご興味、ご関心がある方は、是非お問い合わせください。

>>アニマルコミュニケーション(ペットヒーリング)

このページのトップへ