リラックスと集中

呼吸の仕方でリラックス

ペットヒーリングをしていただく上で重要なのは、呼吸を整え、頭の中を“無”にすることです。

※ただし、無の状態。空の状態になる事が目的ではなく、あくまでも、様々な考えやイメージが浮かぶ時は、そのまま受け入れてください。

椅子にリラックスして座り、肩の力を抜いて、手を もも の上に置き、軽く目を閉じましょう。ひと呼吸ごとにどんどん身体から力が抜けていく感覚を感じてみましょう。

口から息を「スー」っとはきます。おなかの空気を全て吐いてしまうくらいの意識で吐いてください。吐ききったら、自然に任せて、鼻から息を吸いましょう。

ここがポイント

口から息を「スー」っとはきます。おなかの空気を全て吐いてしまうくらいの意識で吐いてください。吐ききったら、自然に任せて、鼻から息を吸いましょう。

マメ知識!

普段、無意識に行っている呼吸も実は、「吸う」と「吐く」とでは自律神経のスイッチが切り替わっています。吐いている時は、副交感神経が優位に働き、吸っている時は交感神経が優位に働きます。吸う時間よりも、吐く時間を長くするのは、副交感神経を活発化させる為なのです。

脳波の仕組み(β波とα波)

脳波とは、脳の活動・意識と脳波は密接なつながりがあり、活動中のβ波に比べ、リラックスしている時のα波はとても身体にプラスになる働きをします。

脳波の仕組み

潜在意識とα波

「右脳人間になれ」なんてお聞きになられたことはございませんか?そうです。脳には、理論を司る「左脳」とイメージや感性を司る「右脳」があり、普段私たちは「左脳」をフル回転させて、言葉や理論を組み立てます。

しかし、イメージすることや、直感が働くのは、「右脳」です。しかも、人間の潜在能力は「右脳」に隠されており、脳波にアクセスする。ということは、右脳を活用する。ということです。

しかし、残念なことに、左脳は、右脳へのアクセスを拒みます。この時、左脳を停止させ、右脳へのアクセスを容易とする状態が、リラックスな状態つまりα波なのです。

潜在意識とα波

脳の錯覚を利用した願望実現

「こうなりたい」「こうしたい」といった願望をかなえるために、願望実現した時の感情を先取りし、その量を増やすことで願望実現につながる。という方法です。もちろん、イメージしただけでは、望みはかないません。行動を起こすことに意味があります。

脳の錯覚を利用した願望実現

  1. イメージの中で感情を感じる
  2. 達成された後の感情を先取りする
  3. 実際に体験したことと勘違いして脳内物質が分泌されて行動する
  4. 行動するから願望実現する
  5. 願望実現するとやる気も出てきて次の願望へと向かう
アニマルコミュニケーターの養成を行っております。
アニマルコミュニケーター養成

このページのトップへ